えーッ、それはない

c0073633_21381324.jpg
部屋の床の上に本の山がある。いくつかの本の山が合体して島になっている。本棚に本は当たり前、本棚の前に本、テーブルの上に本、トイレに本、玄関に本。そんな家の中に、古本屋さんが二人入って来た。どちらも若い男の人で、前掛けなんかしている。二人はわたしの目の前で、散らかった本の整理をはじめた。非常にきびきびと、息の合った動きで、本はあっという間に片付いてしまった。きれいになった部屋で茫然としていたら、二人のうちの一人が振り向いて
「全部で二万円です」
と、笑顔で言う。えーッ、それはない!それは絶ッ対にない!!と叫んだところで目が覚めた。新手の、悪夢だ……。
c0073633_21383383.jpg

Commented by keiichi at 2008-11-29 00:39 x
あーブは、そんなもんですよねえ。わたしも、2年半前の転居時に、泣く泣くずいぶんと処分しましたけど、まあそんな感じ。

で、処分した後にまだ、3才段ボールで25箱というのは、どういうことかと ;-<
Commented by うぼ at 2008-11-29 09:06 x
下の猫たちも、上の写真も面白いですねーーー。
上の写真、モノクロにしたらどういう感じになるのかな、と思いました。

・・・・私の名前は「うぼ」じゃなかったっけ・・・うぼでもいいや。
Commented by やまんね at 2008-11-29 22:41 x
猫の写真もいいけれど、葉っぱと蔓と実が絡まったような写真いいですね~。芸術的。  前に古本どっさり売ったことあったけれど、8千円くらいだったです。
Commented by konohana-bunko at 2008-12-02 21:30
keiichiさま 確かにブなら妥当な金額なのかも……そう思うとますますゾッとします。でも、2万円やったら売りません!絶対に!!(って、誰に向かって……?)

う…つぼさま 夕焼けの写真、信号機のずっと奥に二上山が写ってました。モノクロ写真、ざらざらした感じの絵が好きです。

やまんねさま 蔓や実がびよよんともつれた写真は、風草木さんという植物のお店で撮らせてもらいました。とってもすてきなお店なんですよ。
by konohana-bunko | 2008-11-27 14:29 | 日乗 | Comments(4)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧