12月の過ごし方

c0073633_14203341.jpg
12月の過ごし方。仕事に行ったり、古本屋さんに行ったり、ご近所で買い物をしたり。家から一番近いスーパーが来月閉店になる。ここへ越してから、家から近い順に1軒2軒とスーパーが閉店してゆく。代わりに大きなスーパーも出店したけれど、自転車ではとても遠い。

ちび猫のルイルイは元気。ひたすら人の後を追う。新聞を広げれば新聞の上、パソコンに向かえばパソコンの上、台所に風呂場にと従いて回る。〈猫=マイペースのちょんぴ〉でやってきたお母ンは最初の十日ほどは目まぐるしくて頭がくらくらした。特別養護老人ホームから保育園の1歳児クラスに転勤になったみたい。

写真は黒門市場にて。



荻原裕幸さんが、blog「ogihara.com」12月8日付の記事で、拙歌について書いて下さっています。
http://ogihara.cocolog-nifty.com/biscuit/2008/12/2008128-222a.html
5年前歌集におさめた歌を、こうしてまた読んでいただけるのがとてもうれしい。「ことを避けるのでもことに執着するのでもなく、何とか潜りぬけて向う側へと進んで」……そういわれてみればいつも、良くも悪くもそんな風にして生きてきた気がします。12月8日、当方の誕生日でした。荻原さんありがとうございます。
Commented by kawasusonomiya at 2008-12-21 21:36
12月8日、お誕生日おめでとうございました。ご紹介の荻原氏の記事を拝見いたしました。よかったです。
短歌については、門外漢ですが、時々、このはな文庫さんの、ブログで、
短歌のよさにふれさせていただいております。ありがとうございます。こちらに、気が向かれたときは、ぜひ、おいでくださいまし。駅までむかえにまいります。
Commented by nakajimaakira1948 at 2008-12-21 21:38
あとり さん、こんばんは!
>自転車の前と後ろに ・・・
5年前にこのような歌を
いやっ、わたし よく判っておりません。

うちのコムギも 新聞を読めばその新聞の上に、PCをやればダッコせよと
付いてきたものです。
Commented by konohana-bunko at 2008-12-23 13:36
kawasusonomiyaさま ありがとうございます。お写真から、頬が冷たくなるような風や、焚き火の匂いが感じられます。水辺には憧れます。

nakajimaakira1948さま 一生懸命慕われると、困るような、うれしいような、です。かばんに入って一緒にお散歩、コムギちゃんいいですね。
by konohana-bunko | 2008-12-21 14:21 | 読書雑感 | Comments(3)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧