おおきな鞄、黄色いしみ

c0073633_2255628.jpg
仕事に出かける。鞄が重い。
なぜなら鞄が無駄に大きいからだ。
なぜそんなでかい鞄を持ち歩くかというと、荷物が多いからだ。
財布ハンカチ鍵、携帯電話シャープペンくらいは、おおかたの人は持ち歩くだろう。そこへ加えてタオルが3枚。(職場で使う。)無印のノートか、最近ならpomera。かてて加えて本とカメラが入る。そらね、重いよ。
さすがに反省して、通勤本はつとめて文庫本にすることに。今は岩波文庫、『中勘助随筆集』。

今日は職場で印刷をする。印刷屋さん仕事は「成し遂げた感」があって好きだ。
500枚は普通のコピーだからすぐ。次はタックシール30枚、これは乾きが悪いので1枚ずつ刷っては机の上に広げて乾かす。あとはがきが500枚。表はコピー機の手差し印刷、裏はカラーなのでインクジェットプリンタで。コピー機のある演習室と自分の部屋を行ったりきたり。
帰りの電車で、手のひらに黄色いインクのしみがついているのに気付く。印刷途中で、黄色のインクが切れて、カートリッジを取り替えたのだった。
(テントウムシを捕まえた手みたい)と思った。
Commented by やまんね at 2009-02-28 12:07 x
ねこやなぎに雨しづくの写真、美しいですね~ 『中勘助随筆集』読後感教えてください。
Commented by konohana-bunko at 2009-02-28 22:15
雨には雨の楽しみがあってよかったです。中勘助、また書きますね。
Commented by こうずきん at 2009-03-03 16:04 x
はじめまして、桜井市在住の本好きです。あの〜、「このはな文庫」さんの、「お店」はどこにあるのでしょうか。それともネットのお店なのでしょうか。
Commented by konohana-bunko at 2009-03-04 19:16
こうずきんさま コメントありがとうございます。当方オンライン専門で、Yahoo!オークションにて出品いたしております。また機会がございましたら、よろしくお願い申し上げます。
by konohana-bunko | 2009-02-24 22:20 | 読書雑感 | Comments(4)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧