読書の記録 弥生

c0073633_22124541.jpg
『中勘助随筆集』  渡辺喜三郎編  岩波文庫
『國初聖蹟歌』(歌集)  川田順  甲鳥書林
「L magazine」No.394 2008.4  京阪神北欧雑貨案内
『ひとさらい』(歌集)  笹井宏之  BookPark
「季刊 月光」(歌誌)vol.1 1988.4  月光の会
『怖い 絵』  中野京子  朝日新聞社
『森の生活 ウォールデン 下』  H.D.ソロー著  飯田実訳  岩波文庫
『幻燈サーカス』  中澤晶子  ささめやゆき BL出版
『心がぐん!と育つパーソナルポートフォリオ』  岩堀美雪著  本郷けい子絵  東洋館出版社
『この焼跡の、ユメの、県(あがた)』(詩集)  笹原玉子  ミッドナイトプレス
『豪姫』  富士正晴  新潮文庫
「giorni」vol.1  2009 spring  実業之日本社

読書の楽しい1ヶ月だった。
○『豪姫』は久々に面白い小説を読んだなあと思った。
○『怖い 絵』は、梅田の地下、阪神百貨店の向かいにある萬字屋書店さんにて。表紙になっている絵に描かれている女の人が、知り合いの人に似ていて、何となく気になる。
○『幻燈サーカス』『この焼跡の―』は、また日をあらためて書きます。
c0073633_21453935.jpg

○「季刊 月光」は盛りだくさん。作品に塚本邦雄、安永蕗子、岡井隆、佐佐木幸綱、福島泰樹、唐十郎、辰巳泰子、伊藤一彦ほか。坪野哲久へのインタビューが興味深かった。(哲久さん好きだから。)装幀は間村俊一+デザインスタジオ金太郎組。天地書房で200円、ええお買い物させていただきました。
Commented by やまんね at 2009-04-03 22:53 x
素晴らしい富士山の写真ですね!
Commented by つぼ at 2009-04-04 08:25 x
富士山はやっぱりいいですねぇ。
Commented by konohana-bunko at 2009-04-04 21:50
飛行機から富士山を見たのははじめてでした。写真を撮っていてどきどきしました。つくづく、すごい山ですねえ。
Commented by 21年前 at 2009-04-06 14:00 x
「月光」何と豪華な顔ぶれでありましょうか。短歌の世界は縁遠いのですが、有名歌人オンパレード。季刊の第一号はどの冊子も力が入るものですから。
Commented by konohana-bunko at 2009-04-09 09:11
ぬかるみに栃の實落ちてうらわかき日のドイツ語のヘルツ、クロイツ  塚本邦雄

遠空を斜(なの)めにのぼる黒煙のゆゑよし知らに旅はたのしも  安永蕗子

石(ぐう)ばかり出す少年のゐたりしがいかにゐるらむ今も敗けゐむか  伊藤一彦

わが内蔵(わた)のうらがはまでを照らさむと電球涯なく呑みくだす夢  辰巳泰子

好きな歌がいっぱいでうれしい一冊でした。
Commented by やまんね at 2009-04-09 14:33 x
凄い歌ばかりで
Commented by konohana-bunko at 2009-04-09 18:59
はい、たじたじとなります。(^^;)
by konohana-bunko | 2009-04-03 22:14 | 読書雑感 | Comments(7)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧