古本屋さんで編み物をする鹿柄Tシャツの女

c0073633_21482487.jpg
19日(火)、久し振りに電車で外出。橿原線ではまばらだったマスク姿が、西大寺で奈良線に乗り換えるとかなり目につく。神戸まで直通という心理的圧迫だろうか。新型インフルエンザ、もう、心配してもしゃあないよナ、大阪まで来てるということは奈良にも来てるっちゅうことやし、と、そういう自分も一応マスクをして出掛けてみたのだが、正直、自分の息で顔が暑い。

新大宮の駅で降り、奈良交通のバスで県立図書情報館まで。「県立図書館が近鉄奈良駅から移転して不便」と、もう何度も書いたけれど、また書いてしまう。そうかて往復の交通費1,220円あったら本が何冊も買えるやないですか!(但し、借りた本を郵送で返却できるようになった。これは非常にありがたい。)

目当ての本と、塚本邦雄『秀吟百趣』を借りて、奈良へ出る。今日はちりんさんとお約束してあった。

ご存知の通り、鹿の角は毎年生え替わる。春、古くなって落ちた角を落とし角という。(春の季語にもなっている。)
落とし角といっても、木の枝みたいなのがぼろんと落ちるのではない。奈良公園では秋の「角切り」で角を切ってしまうから、古い角は根元だけで、ビール瓶の王冠のようなかたちをしている。これが落ちているのを、ちりんさんが運良く見つけられた。
いいお守りになりそうだから、ストラップのように何かにぶら下げたいと思われたのだが、丸くて紐を通すとっかかりも何もない。穴を開けるのも難しいし、かといって袋に入れてしまったら折角の角が見えないし……というお話をブログでされていたのを読んで、思いついたのが、
「レース糸で編んだ網袋で落とし角をくるむ」
というプロジェクト。
というわけで、レース針とレース糸とにぎり鋏を持って智林堂さんへ参上、と相成った。
レジ横で椅子をお借りして、みしみし編むこと約1時間。その間次々と、本を買いにいらしたお客様方はさぞご不審を抱かれたことかと……。(何でこんなとこで編み物?しかもTシャツ鹿柄やし?)失礼いたしました。

で、こんなかたちに完成。どことなく亀っぽい?
c0073633_21494892.jpg
古本屋さんで、本に囲まれて編み物をするという、ぜいたくな体験をさせていただきました。何だかすごく落ち着いて根が生えてしまいそうでした。ちりんさんありがとうございます。幸運の落とし角、また見つけて下さいね。

*製作の様子および鹿Tのアヤシい奴はこちら→智林堂さんblog
Commented by 亮月 at 2009-05-19 22:54 x
こんにちは!
鹿の角は古代からよく利用されていたので、私にもなじみがあります。
銅と同じくらいの硬さがあるといわれる鹿角。
しかし、発掘現場で出てきた鹿角の製品はきれいに加工してあるんですね。
これ、どうしてたんだろう??
実は鹿角は水に漬けておくと、ナイフで削れるくらい、柔らかくなる性質があるそうです。
細かい加工は何日か水に漬けておいてしていたようなのです。

レース編みのストラップ、とても素敵ですね!
これはこれで、雰囲気がいいですね。

もしまた落とし角を見つけるようなことがありましたら、ぜひ水に漬けて加工してみてください。
Commented by 黒山羊 at 2009-05-20 18:38 x
新型インフルのホットゾーン、北摂から書き込みします。通勤してる人はマスク着用率が多いけどお買い物してる人は半分もいないです。私はしてません。出かける前は覚えてるけど自転車に乗って漕ぎ出して「あ。忘れてた」って感じ。

レース編み、亀というよりドリームキャッチャーに見えました。いっそのこともっと亀っぽくした方が万葉ロマーンな感じになるかも。落とし角、今度奈良公園行ったら探してみよう。
Commented by nara-chirindo at 2009-05-20 20:05
このはな文庫さま
昨日はありがとうございました!
鹿角ストラップ、鞄にすっかり馴染んでおります。
見るたびに嬉しくなります。
もしもうひとつ見つけることができたらこのはなさんにプレゼントいたしますね。
少々風邪気味でして(インフルではない、はず・・)昨日はブログノータッチで寝てしまいました。
今から文章を練り練りしてアップいたします♪
Commented by konohana-bunko at 2009-05-21 09:59
亮月さま 水につけるのですか……!ありがとうございます。ひとつ賢くなりました。お話読んでいて、そうそう、縄文時代には鹿の角の釣り針があったんやわ、と思い出しました。

黒山羊さま 北摂からようこそ♪息子1号は昨日、「休校になった~」と、滋賀県のびわこ・くさつキャンパスから帰って来ました。(*゚∀゚*)
ドリームキャッチャー!まあなんてステキなお見立て。今度もし作る機会があったら、ビーズを編み込んでもいいかも、ですね。

ちりんさま こちらこそありがとうございます。「ならころり」可愛いらしくて食べるのがもったいないような。お加減いかがですか。わたしも今年はいつまでもアレルギーが尾を引いて鼻がすっきりしません。どうぞ、お大事に。
by konohana-bunko | 2009-05-19 21:50 | 日乗 | Comments(4)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧