微笑

c0073633_22265966.jpg
微笑……というより、ほくそ笑み?
わたしが電話をしている隙に台所に登ったるい子、ガスレンジ脇に置いていたステンレスのボウルにちょっかいをかけ、ボウルを床に落としてしまう。ボウルの中には洗いかけのお米と水が入っており、台所は壁といわず床といわず、白いスプラッタームービー状態に。
新型インフルエンザ休校で自宅にいた息子1号と2人で床を拭く。

『猫のいる日々』 大佛次郎 徳間文庫より以下引用。 

《私は小さい庭に、いろいろの草の芽がもえ出るのを身の幸福として眺めて暮らしている。もう自分で車を運転して銭湯へかよう年齢でもない。ヒヤシンスの球根を植えたのが芽を出し、けんらんと盛り上がるように花を咲かせたのを、ここ数日のわが世の驕りと信じている。一本きりない桜の木も、もうひらき始めた。夏のための山百合も、そろそろ土を割って赤い芽をのぞかせて来た。私は、朝起きると、庭に降り、まるで守銭奴のように百合の芽を算えて、足もとにからむわが家の猫をお供に枝をくぐって見てまわる。
ふと、昨日、読んだ本に昔の江戸の牢屋で、女牢の牢名主、それこそ鬼神のお松と言ったように知られたものが、自分の猫を飼う勢力やら特権が許されていたと知って、ひとりで楽しく微笑したのを思い出した。私も家につながれて猫とともに牢屋暮らしを営む。》(p185-186「牢獄の猫」より)
Commented by やまんね at 2009-05-26 23:19 x
いくら年をとっても、自分の身の丈でうれしく、おかしく暮らせるのっていいですね~
Commented by かねちょも at 2009-05-27 00:35 x
URLに入れたサイトの主さま、つい先日、初めてお会いした方なんですが。
このはなさんもご参加なさったらいいなーとか勝手に思っています。
わたしはですね、見てるだけ~~~~。

にゃんこ、笑ってますね、どう見ても。
Commented by 通りすがり(毎日) at 2009-05-28 00:14 x
なるほろー♪してやったりがおですなーこれは^m^我が家のダネ君も隣りで「おい、こりゃだれや?ナニわろとんね」ちゅーとります。。明るくて寝られへん・・とぬかしてはりますな^^;さて、我が家(部屋?牢屋?)の牢名主サマは、はたしてあたくしなのかそれとも・・やっぱり。。。でっしゃろな^^;
Commented by konohana-bunko at 2009-05-28 22:03
やまんねさま 毎日の身の回りで楽しめるのが一番ですよね。日々の生活から歌がばんばん詠めたらこんな幸せなことはないと思いますが、なかなか……う~ん。

かねちょもさま ありがとうございます!!参加表明してまいりました。楽しみですっ☆

通りすがりさま もう一つ、別の現場を押さえてあります。また近々、ダネくんと一緒に見てやって下さい。
Commented by tin_box at 2009-05-28 22:23
んふふ~。
ゆるされて。
Commented by ヒサプー at 2009-05-30 20:43 x
お久しぶりです。
ルイルイちゃん、大きくなりましたね。
先日はうちのタケちゃんの1歳のお誕生日へのお祝いコメントありがとうございました。

猫好きな文豪は多いのですか?
Commented by konohana-bunko at 2009-05-31 19:28
tin_boxさま 何でも許してしまいます。困ったものです。

ヒサプーさま お久し振りです。タケちゃんもルーイちゃんも、ますます男前度upですね。よくお手入れもされていて、しあわせですね。
猫派の文豪いっぱいいます。わたしは漱石や寺田寅彦の猫随筆が好きです。
by konohana-bunko | 2009-05-26 22:27 | 猫是好日 | Comments(7)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧