読書の記録 葉月

c0073633_21311992.jpg
『孤独の発明』  ポール・オースター  柴田元幸訳  新潮社
『マザー・グースをくちずさんで』  鷲津名都江監修・文  中川佑二 アンディ・キート撮影  求龍堂グラフィックス
『グリム童話 カエルの王さま あるいは鉄のハインリヒ』  江國香織・文  宇野亜喜良・絵  フェリシモ出版
『フロプシーのこどもたち』  ビアトリクス・ポターさく・え  いしいももこ・やく  福音館書店
『フランス雑貨の旅』  小澤典代  アノニマ・スタジオ
『それでもお店が開きたい! 小さなお店をつくるためのアイディア&スピリッツ』  園田千絵 西森路代他  山海堂
「coto」vol.18  2009.8  キトラ文庫
『あまりに野蛮な 上』  津島佑子  講談社
『あまりに野蛮な 下』  津島佑子  講談社
「文藝春秋」2009年9月号より「終の住処」  磯崎憲一郎
「天然生活」vol.3 創刊号 2004.6
『ボタンとビーズのアクセサリー』  雄鶏社
『着物まわりの手づくり帖』  君野倫子  小学館

あら。今月歌集読んでなかったのか。

『マザー・グースをくちずさんで』は、ろこさまからのいただきもの。図版たっぷりのぜいたくな本。ありがとうございます!

『それでもお店が開きたい!』は、ブック・ダイバーさんがくわしく紹介されていたので買う。(「ダイバーのHさんはもともと古本がお好きでなかった」とのくだりに、ニヤニヤしてしまう。わたしも30過ぎるまでは「古本って何かイヤ」だった。今でもあまりに黒い本はちょっと苦手。(問題発言?!)

「coto」もいただきました。ありがとうございます。林哲夫さんによる蟲文庫さん訪問記。大橋信雅さんの『母の死』が印象に残った。

今、金井美恵子の『ピクニック、その他の短篇』を読んでいる。冒頭の「桃の園」でぐっと引き込まれて読み進んできたのだが、半分くらいのところでだんだんしんどくなってきた。文章が何とも面倒くさい……妙に念の入った比喩ばかりだし、段落ごとに主体が彼になったり彼女になったりするし、いかにも頭のいい子が頭のいい人向けに書いた小説という感じがする。倉橋由美子が面白かった高校時代に読んでおけばよかった。今のわたしには『ながい、ながい、ふんどしのはなし。』や猫のエッセイの方がしっくり来る。

写真は神戸にて。
Commented by bookdiver at 2009-09-01 14:49
いつもお世話になっております。そーなんですよ、只ただ、家の中をナントカして欲しいと手伝っているうちに、今にいたる…。これからもご指導ご鞭撻をヨロシクです。
Commented by konohana-bunko at 2009-09-02 21:16
うちも、ナントカするどころか、余計にごちゃごちゃに……でも本を通していろんな出会いがあって、面白いですね。こちらこそ、よろしくお願いいたします。
by konohana-bunko | 2009-08-31 21:31 | 読書雑感 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧