移動の記録 奈良~東京

c0073633_15283764.jpg
8日(日) 唐招提寺・薬師寺へ。
唐招提寺は3日に9年がかりの金堂大修理の落慶法要があったばかり。奈良に越して来てから、唐招提寺へは数度行ったが、ずっと工事中、ようやく念願の千手観音像を拝見。ええお顔の仏さま。厳かな中に、あたたかい感じがする。テレビの特集番組の効果もあってか、大変な人出。でもわたしはここの境内が好きだ。空気がしっとりしている。
c0073633_15285972.jpg
薬師寺は薬師寺で、解体修理のため、東塔に調査の足場が組まれている。
c0073633_15291920.jpg
唐招提寺の乾漆や木彫りの仏さまを見てすぐの目で、薬師寺の日光月光菩薩を見たら、ものすごくモダンに感じた。えらいスタイルええし。ヒップホップとか踊れそうやし。
かいらしい散華の絵はがきが出ていたので買う。小倉遊亀の梅、杉本健吉の迦陵頻伽。
お弁当を作って持参したものの、どちらのお寺も飲食禁止、結局西の京の駅のホームでお昼。電車に乗った他所のこどもに、おにぎりを頬ばっているところをガン見される。

22日(日) 日月西日本歌会。奈良県文化会館にて。会の前に智林堂さんに寄るも、余裕なく何も買えず。ちりんちゃんとちょこっとお話。歌会はやや少人数、ゆっくり意見交換ができた。
c0073633_15302759.jpg
23日(月・祝) 仕事関係と歌の会の用を兼ねて東京へ。目一杯早い飛行機に乗り、必死で早歩き、用事済ませて、一瞬だけ神保町。街の匂いだけかぐ。ブック・ダイバーさんで『閑適のうた 中華愛誦詩選』など買う。
c0073633_15305093.jpg
c0073633_15305832.jpg
c0073633_1531775.jpg
午後、日月の優良歌誌表彰のパーティに。久し振りの日月のみなさん、加藤英彦さんにもごあいさつ。藤原龍一郎さんのあたたかいスピーチがうれしかった。国分寺で一泊。

24日(火) この日は山本善行さんが奈良の古本屋さん巡りをされるとのこと、何と間ンの悪いわたし……遭遇できず非常に残念。悔しいので(?)国立のブで『光の教会 安藤忠雄の現場』など、少しだけ拾う。いっぱい買いたいけどね。重いしね。
c0073633_15314646.jpg
東京のモノレールから見える景色が好き。船とか、倉庫とか、工事の重機とか。殺風景だけど惹かれる。競馬場はきれいな紅葉。
帰りの飛行機の窓から畝傍山と耳成山が見えた。ああ、ルパンⅢ世やったらこっからパラシュートで降りられるのにー。
Commented by BOOK DIVER  at 2009-12-01 14:45 x
過日は、短い時間でもおしゃべりできて、たいへんウレシかったです。ありがとうございます。店主も例のモノ、大感激しておりました(笑い)。また、新春「女子とふるぽん~」寄港市でヨロシクお願いします。
Commented by konohana-bunko at 2009-12-02 21:48
BOOKDIVERさま いつもドタバタと落ち着きのないことで、ごめんなさい。いつか女子部のみなさまともお目にかかれるといいですね。1月、こちらこそ、よろしくお願いいたします。
by konohana-bunko | 2009-11-26 22:48 | 日乗 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧