何でもいいから手を動かす

c0073633_1813333.jpg
原稿の〆切が近づいて来る。手が動いていない分、気分が切羽詰まって来て、こういう時はどないしたらええんやろ、と考える。前の職場はやたらに〆切が多い環境で、わたしは〆切に間に合うように呼びかける側の立場で働いていた。今まで書いたことのない長い文章の〆切に追われて四苦八苦する若い衆たちの諸相を目撃したし、なだめたりすかしたり、叱咤激励したりしながら何とか〆切に間に合わせようと腐心する大人のひとたちの姿も見た。その中でわたしは一体何を学んだのか?
当時同じ職場にいて、今は長崎で働いているYさんに、
「何をしたらええかわからへんようになった時はどないしたらええんでしょ」
と尋ねたら、Yさんは即答で
「何でもいいから手を動かすんですよ」と言っていた。コピーした資料に穴を開けて綴じてもええし、調査のメモをワードで打つのもええし。何かしとったらちょっとは頭も動くでしょ。とにかく、フリーズするのが一番あかんのですよ。
確かにその通りかもしれない。と、いうわけで、わたしもあちこちにばらばらになっていた原稿用の資料をかばんにまとめて、自転車を25分漕いで図書館まで往復してきた。書くところまではいかなかったが、メモも取れたし、運動にもなった。空も見たし、冬の木も見た。
何とかがんばれそうな気がする。
Commented by ろこ at 2010-01-20 23:23 x
 あとりさん、前の職場のむち打ちの罰が跳ね返ってきましたね(笑)。
 そういう私も〆切りに追われて七転八倒。
 「空も見たし、冬の木も見た」のニュアンスがあまりにもうまいので笑ってしまいましたが、次は「原稿も見たし、書いた!頑張った!」と続けてくださいね!『歌壇』2月号のあとりさんの歌、拝読いたしました。すばらしい!がんば!がんば!フレーフレー!
Commented by konohana-bunko at 2010-01-25 23:29
ろこさま お返事遅くなりました。いえいえわたしはほんのちょっとだけみなさんのお手伝いをしただけで、罰は当たらない……ハズです。(^^;)「歌壇」見て下さったのですね。ありがとうございます!「読んだよ~」というお声が何よりの励みになります。
「〆切は思いがけない力をくれる」という開高健のことばを信じてがんばります。
by konohana-bunko | 2010-01-20 18:13 | 日乗 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧