大門玉手箱アルバム

c0073633_2118257.jpg
23日(土)、奈良へ。近鉄奈良駅から奈良交通バスで手貝町まで。奈良の一箱古本市「大門玉手箱」を見に。
c0073633_21223381.jpg
バス停前に東大寺転害門。門の後方奥に若草山。
c0073633_21232489.jpg
道路をはさんだ向いに大門市場。
c0073633_21235277.jpg
c0073633_21241337.jpg
いつもお世話になっている「木の茶の間 輪」さん。
c0073633_21245747.jpg
c0073633_2125837.jpg
c0073633_21254682.jpg
珈琲、おにぎり、スイーツ、肉しゅうまい……
c0073633_21264535.jpg
南果さん。←南果さんのところのお写真もどうぞ。
c0073633_21272348.jpg
うちの箱、本の里親募集中。

玉手箱」には3回とも参加させていただいているのだけれど、いつも箱だけ行ったり来たりで、どなたにもご挨拶できていなかった。今回は大門市場もフィナーレということなので、朝少しだけ会場を覗かせていただいた。ぼちぼち堂さん、輪さん、市場とご参加のみなさま、ありがとうございました。
その後、また電車に乗って店へ行く。奈良から大阪まで、快速急行に乗ったらあっという間。帰りは車だったが、西名阪を走っていたら、若草山の山焼きの花火が見えた。音のない、冬の遠花火。
by konohana-bunko | 2010-01-25 21:45 | 古本屋さん見聞記 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧