温泉二件

2日(土)は合宿歌会で榊原温泉へ。曇りでやや寒い。吟行ということで宿の周囲を少し歩く。歩いたところで携帯電話で呼ばれる。「折角ですから車で風力発電の風車を見に行きましょう」ということに。車2台に分乗して青山高原へ。風車がたくさん回っている。写真や映像で見たことはあるが実物を見るのは初めて。オランダ製で羽根の直径は50mとのこと。音はあまりしない。ほほう…と見上げてはひたすら感心。感心はするが肝心な歌ができない。歌ができない上に風が冷たい。(風がなかったら風車が回らんやないか!)宿に戻って詠草提出。ここで日帰りのわたしはタイムアップ。温泉へは入らず詠草集をいただいて帰る。泊まりのみなさんは寝ないで歌を詠みまくられた由。
4日(月)は夫と息子2号と天川村へ。アマゴ釣り+洞川温泉というゴージャスな企画。ところが天川に着くと何と雪。3cmほど積もっている上に小雪が舞っている。夫が何ヶ所か竿を出して魚影は見えたものの釣れず。残念。丹生川上神社下社と天河弁財天にお参りする。どちらもとてもきれいな神社だった。寒いので車の中でおにぎりを食べて、天の川温泉に入って帰宅。名物「名水とうふ」も買えてよかったよかった。
写真は天川村にて。
c0073633_2144674.jpg

by konohana-bunko | 2005-04-04 21:29 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧