ちょうちょぼっこさん「にのにのいちのにのしのろ」

c0073633_20275251.jpg
19日(土)、木更津啓さんが店に来て下さる。木更津さんとお会いするのは、はじめて。歌をやっておられるということで、歌のお話などもさせていただけて、うれしい。
木更津さんがこのあと「ちょうちょぼっこさんに行きます」と仰るので、急遽わたしもお願いして、ご一緒させていただくことに。
c0073633_2029212.jpg
ちょうちょぼっこさんは四つ橋の駅のほん近くだった。本当に鳥かごみたいなデザインのビルだった。(外観の写真を撮るのを忘れた。)
c0073633_20293380.jpg
この日は5人の方が200円均一の本を200冊売る、という「にのにのいちのにのしのろ」を開催中だった。(20日で終了。)山本善行さんがオトナゲなく買ってしまうという噂のイベントについに来ることができて、感慨無量……。ここで、古書くらしかさんのお名前を発見して、なつかしさに目の奥がじんとする。2005年の6月、くらしかさんの古本市を、奈良のオリヅル社まで訪ねて行ったのが、わたしのブックイベントの行き初めだった。くらしかさん、お元気ですか。あの時は、ありがとうございました。
井上博道『美の脇役』浅井愼平『猫たちよ!』林丈二『猫はどこ?』吉田ルイ子『わたしはネコロジスト』などなど、もちろんわたしもがすがすと買わせていただく。「ろはのはこ」から池内紀編『伝綺肖像館』もいただきました。「ろは」ですよ。えらいことですよ。ああ荷物が重うれしい。
あたたかい雰囲気のちょうちょさん、貸本の部の本棚は、琴線に触れる品揃えで、眺めていると自分の店に帰りたくなくなりそうでした。ちょうちょぼっこさん、ありがとうございました。木更津さん、ありがとうございました。
Commented by 木更津啓 at 2010-07-20 17:05 x
こんにちは。暑中お見舞い申し上げます。
その後ごぶさたしております。すっかり遅くなってしまいましたが、先日は、こちらこそ楽しいひとときをどうもありがとうございました。
「きんどう市」、いよいよですね。ご盛況でありますように。
Commented by konohana-bunko at 2010-07-21 09:04
木更津さま ありがとうございます!お元気でお過ごしでしょうか。きんどう市、がんばります。また、下鴨でお会いできるとうれしいです。8/7の「大阪学生短歌シンポジウム」は若い世代の方が来られるそうです。もしよろしければ、ぜひ。(くわしくは7/18の記事をご覧下さい。)
by konohana-bunko | 2010-06-21 20:31 | 古本屋さん見聞記 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧