熊谷守一

c0073633_16351525.jpg
『小僧の神様 城の崎にて』 志賀直哉 新潮文庫
『荻窪風土記』 井伏鱒二 新潮文庫

『小僧の神様―』はうれしいいただきもの。ありがとうございます。『荻窪風土記』は中尾書店さんで。



c0073633_11133223.jpg
アサヒグラフ別冊 1978冬 美術特集 熊谷守一 表紙より。
Commented by 深森未青 at 2010-08-23 00:50 x
 うちのわりと近所に記念館あるよ。喫茶室もついててなかなかいいよ。なんつっても白黒猫の絵がよいわねあのじじい(失礼な)は。
Commented by すなば(よめ) at 2010-08-24 02:25 x
奈良に住んでたとき、絵はがき壁に貼っていました。青い背景に、月とコウモリの。(あ、あれれ、コウモリだったっと思う…)。火葬場からの帰り道の絵も印象に残っています。そして、ご本人のあの風貌も。
Commented by konohana-bunko at 2010-08-24 11:19
おお、守一翁、人気ありますね。
未青さま 記念館、上京の折に行ってみたいです。
すなば(よめ)さま リクエストにお応えして写真追加してみました。(^^)
Commented by 駄々猫 at 2010-08-29 22:57 x
うちも夫婦でファンです。実母も好きで、豊島区の美術館には何度も行ってますが、岐阜の記念館にはまだ・・・その内行きたいと思っています。夫婦で虫好きでもあるので、蟻の絵の表紙が羨ましい!(作家は、井伏先生の方が好きですが)
Commented by konohana-bunko at 2010-08-30 15:02
駄々猫さま 美術館は榧さんが守っておられるんですね。それはいいなあ。いつか本の話とか、虫の話とか、ご一緒できるとうれしいですねぇ。
by konohana-bunko | 2010-08-22 16:35 | あんな本こんな本 | Comments(5)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧