旺文社文庫5冊

c0073633_22594964.jpg
鶴橋のブックオフ、文庫105円の棚に、旺文社文庫が並んでいた。何冊くらいだろう、手の指先から、肘ぐらいまでの幅。他にばらばらに棚に差してあるものも見えた。中から、好きな柄を5冊だけ買って帰った。
梶井基次郎『檸檬・ある心の風景 他二十編』は2冊目。
Commented by かねちょも at 2011-01-11 01:56 x
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
いい表紙ですねー、どれもこれも! 旺文社文庫、すごいなあ~。そして5冊だけ選べる、このはなさんがすごい。私は今日、ブックオフで4500円使いました。105円本をあれもこれもと、行儀の悪い抜き方をしてしまったと猛反省中です。ううううううう=。
Commented by shino_moon at 2011-01-11 14:12
はじめまして。村田篠と申します。
三島ゆかりさん連句の掲示板から参りました。
古本屋さんをなさっているんですね。古書店が好きで、ときおり職場の近くのお店に立ち寄ったりします。
旺文社文庫、懐かしい。内田百閒が旺文社文庫でまとまって出た時期があり、買って読みました。これは今でも手許に置いています。

猫ちゃん、可愛いですね!アメショーでしょうか。うちもアメショーの女の子を飼っていたのですが、昨年夫が転勤となり、単身赴任するときに、連れて行ってしまいました。寂しくて仕方ありません。

連句、ご一緒させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

http://epoque.exblog.jp/
Commented by konohana-bunko at 2011-01-12 10:10
かねちょもさま ご挨拶遅くなりました。今年もよろしくお願いいたします。
旺文社文庫、まとめてどなたかの蔵書だったもののような、でした。一人残らず連れて帰ってやりたかったです。(TT)4,500円、いいお買い物、うらやまし!
30日楽しみですね。寒いけど、きっと晴れますよ。

村田篠さま はじめまして、ご来訪下さりありがとうございます!
はい、うちの猫もアメショです。アメショは猫なのに、どことなく子犬っぽい性格で面白いですね。単身赴任のお伴に行ってしまわれたのですか。それは淋しいですね……。
のちほど、ブログ拝見に伺います。あちらでもこちらでも、どうぞよろしくお願いいたします。
by konohana-bunko | 2011-01-08 23:01 | あんな本こんな本 | Comments(3)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧