読書の記録 師走~如月

c0073633_22544513.jpg
2010年12月

『近松浄瑠璃私考』 富岡多恵子 筑摩書房
『昔日の客』 関口良雄 夏葉社
『人を動かす』 デール・カーネギー著 山口博訳 創元社

2011年1月

『しずかで にぎやかな ほん』(絵本) マーガレット・ワイズ・ブラウン作 レナード・ワイスガード絵 谷川俊太郎訳 童話館出版
『街道をゆく12 十津川街道』 司馬遼太郎 朝日新聞社
『とりつくしま』 東直子 筑摩書房
『斎藤一人の道は開ける』 永松茂久 PHP文庫
「「旬」がまるごと 2011年3月号 かぶ」 ポプラ社

2011年2月

『重力の都』 中上健次 新潮文庫
『斎藤一人の人を動かす』 永松茂久 PHP
『贈るうた』 吉野弘 花神社
『通販生活ネコマンガ』 カタログハウス編集部 カタログハウス
『子うさぎましろのお話』(絵本) 佐々木たづ文 三好碩也絵 ポプラ社
『てんとろり』(歌集) 笹井宏之 書肆侃侃房
『ルーカス・クラナッハの飼い主は旅行が好き』 山本容子 中公文庫
『侍はこわい』 司馬遼太郎 光文社時代小説文庫

中上健次ははじめて読んだ。眩暈がした……でもすごく好きかもしれない。読み返すかもしれない。
『侍はこわい』は昭和34年から40年までに書かれた8編の短編集。面白かった!ああ、小説読んだなー、という気分になった。やっぱり司馬さんはいいんだフフフン。

写真はならまちにて。
by konohana-bunko | 2011-02-28 22:54 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧