緑の海

夏の風に欅の葉が、梢が、木全体が揺れている。風に揉まれる欅並木の緑は海のようだ。やわらかい樹冠に刳り舟を浮かべ、樹の海へ漕ぎだしてみたい。三角の帆をはためかせ、舟を力いっぱい傾けて、木の葉のしぶきを浴びてみたい。ここはもう、海のない街ではない。緑の波はどこまでも続いている。
by konohana-bunko | 2011-06-24 08:26 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧