メロンパン

コンビニで買物をして帰る途中、段差があり、ぽんと跳ねた自転車の籠からメロンパンが飛び出し、地面に落ち、落ちた勢いで横ざまに立ったメロンパンはタイヤのようにころころと転がりはじめた。袋入りのメロンパンがあれほど高速で回転するとは。自転車を停めパンを追う脳裡に鳴り響くドリフの盆回り。
by konohana-bunko | 2011-08-10 20:36 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧