箱庭

c0073633_1922526.jpg
箱庭の歌を読んだ流れで、箱庭について考える。もし今箱庭を作るとしたら、わたしは何を置くだろう。駅に向かう道すがら、目に映るものはたくさんあるが、置きたいと思うものは見つからない。いっそ砂だけの世界の方が、と思った時、踏切に差しかかった。踏切か。踏切なら、置いてもいいかもしれない。
by konohana-bunko | 2012-01-07 19:20 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧