大和文華館 文華苑の梅

c0073633_19403719.jpg
26日(月)、無性に梅の花が見たくなり、近鉄学園前駅から大和文華館へ。空気は冷たいが、よいお天気。道すがら、シジュウカラの群れがちぺちぺ鳴きながら飛び交うのを見る。
数年ぶりに来たら、リニューアル工事をしたらしく、駐車場がきれいになっていた。大きな赤松が目に珍しい。農文協の『奈良の食事』だったか『大阪の食事』だったか、(昔、今の菖蒲池や学園前あたりは一面の松林で、秋には松茸狩りができた)という話が出ていたよな、とそんなことを思い出す。
c0073633_1950544.jpg
c0073633_19502245.jpg
梅は三分咲きといったところ。濃い紅梅が一番早い。
どの木もつぼみが膨らんでいる。来週(3月4日~)来たらもっとにぎやかできれいだろうと思う。
ただわたしは咲き始めの梅が好きなのでうれしい。
c0073633_19511195.jpg
c0073633_1951317.jpg
c0073633_19514886.jpg
文華館では特別企画展「花の美術」開催中。(4月8日まで。)今回はやきものは少なめ。ひとつすごく気に入った壺があった。五彩蓮池魚藻文壺(中国・清代、景徳鎮窯)というもの。蓮や藻の中を、大きな魚(髭がある。鯉?)が頭を上に下にと楽しげに泳いでいる柄。東洋陶磁美術館でも見たことのある図柄だけれど、これはクリームイエローの地の上にグリーンの線で描かれているところが面白いと思った。
c0073633_1952649.jpg
帰る前にミュージアムショップ(ここもきれいになって、オリジナルグッズも増えていた)で絵葉書を買う。
来館者の人が
「下の入口のとこに、お宮さん出来てたけど、あれ何?」と係の人に尋ねている。わたしも気になっていたので聞き耳をたてていたら、鉄道神社だとの説明だった。あやめ池遊園地の敷地内にあったものを移してきたのだという。帰りに覗いてみたが、囲いがしてあって、一般の人はお参りできないようだった。
Commented by oyameike at 2012-03-01 12:40
鉄道神社へよくお供のお酒を配達していました。こちらへ移されたんですね。
松茸獲れた話はお年寄りに聞いた事があります。
映画撮影所や温泉新地のなごりの話なども。
Commented by konohana-bunko at 2012-03-02 14:36
oyameikeさま お供えのお酒を!それはそれは……。安全運行を祈願されるんでしょうね。
あやめ池もどんどん変わっていきますね。こうなったからにはいい街になってほしいです。
by konohana-bunko | 2012-02-29 19:52 | 日乗 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧