極めて些細な偶然

c0073633_11153390.jpg
ヨーグルトの蓋を開けた時、蓋の裏側が全く汚れていなかったり。掌にざらっと出したサプリメントの粒が、ちょうど飲みたい数だったり。日常の中、極めて些細な偶然に出会った時(お)と思う。偶然の意味の方には意識を向けず、ただその出来事を見る。そして、(お)とこころが動く、その動きを楽しむ。
Commented by ごんべ at 2012-03-27 23:39 x
あとりさん、釣りはしたことありますか?この青いとこ(船を繋留するとこですかね・・名前が浮かばない)にこしかけて1mくらいの竿で小魚釣るんです天気のいい日にね♪あたしもじじいになりましたが、(お)とこころ??は子供のころも今も変わりません(^○^)
Commented by konohana-bunko at 2012-03-29 09:57
はい、何度か、おうちのひとに教えてもらったことがあります。この写真を撮っていた時も「今度は釣りがしたいなー」と覗き込んでいましたよ。
いつまでも(お?)とか(おお!)とか、こころをころころ楽しく転がして生きていたいですね。
by konohana-bunko | 2012-03-27 11:15 | 空中底辺 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧