豆ごはん

c0073633_1857776.jpg
豌豆を剥き、豆を昆布出汁で茹で、炊きたてのご飯に混ぜる。今年最初の豆ご飯。米と一緒に炊飯器で炊くより、豆の緑がきれい。握り飯にしてかぶりつくと、口の中で豆がぷちぷち潰れる。粉っぽくて懐かしい甘さ。種とか豆とか卵とか、命がぎゅっと詰まった粒々って、どうしてこんなに美味しいんだろう。
Commented by うんぽ at 2012-05-13 20:56 x
豆ご飯、栗ご飯、芋ご飯、みんな嫌いでした。
口の中でもさもさするものが嫌い。
饅頭も嫌い。
ピーマンも蕗も嫌い。
椎茸も。
「嫌い」だと言っていたのに、母の耳には入らなかったらしい。
おいしいから食べなさい」そればっかりで。
ところが。
そういうすべてのものが今は大好き。
Commented by konohana-bunko at 2012-05-14 19:51
「おいしいから食べなさい」いいですね。
「いやや」と言うても「おいしいからっ」ってね。
そういえば自分も、こどもの頃よりはいろいろ食べられるようになってきました。
by konohana-bunko | 2012-05-09 18:57 | 空中底辺 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧