呼び起こすもの

こころの中の歌を呼び起こすもの。魚の化石。サーカスのポスター。団地の風呂場の窓。展望台の錆びた手摺の匂い。八重咲きの椿。動物園のペンギン。澱粉工場の水蒸気。夕日の差す土蔵の西壁。そら豆の莢の内側のふわふわ。踏絵。夜の鏡。真っ黒な車が走り去る時、巻き上げられまた散り落ちる桜の花片。
by konohana-bunko | 2012-04-14 19:16 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧