男子の自転車

自宅は集合住宅の一階。出入りがはげしいので、自転車は自転車置き場ではなく自宅庭の前に停めている。すると他所の家に遊びに来た男子がうちの前に次々と自転車を放置するようになり、気付いた時には自転車だらけで庭から出られない状況に。ぬう男子共め。春休みは終わったが、給食はまだ始まらない。
by konohana-bunko | 2012-04-14 19:18 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧