「Sanpo magazine」 『言の森』

c0073633_2112824.jpg
Sanpo magazine 関西・大散歩通信 第5号 2012年春/夏
関西・大散歩通信社 ¥950

古本ソムリエ 山本善行さんの大阪古本修行散歩もあります。
わたしが勝手に「この人の文章好き好き」言うてる北村知之さんが 〈『昔日の客』のこと 宇仁菅書店のこと〉 を書いておられます。
十谷あとりは 〈遅い言葉に耳をすます〉 と題して、西尾勝彦さんの詩集『フタを開ける』『朝のはじまり』の書評を書いています。

Sanpo magazine について、くわしくは →こちらをクリック☆
c0073633_21263155.jpg
『言の森』(詩集) 西尾勝彦 ブックロア ¥1,575
「粥彦」6 (フリーペーパー) 西尾勝彦

ナラヒネにやられてしまったナラショナリスト、西尾さんの新しい詩集です。
何のことかわからない方は……読めばわかります。(^^;)
ええなあ!わたしもいつか、こんな本作ろ。と思うような本です。

あ、今キーを打っていて気が付いたんですが、「言の森」って「古都の森」でもありますね。

blog「粥彦」の「Sanpo magazine」の記事は →こちらをクリック☆

ぜひ、買って下さい。どちらも本当にいい本ですので。
by konohana-bunko | 2012-05-20 06:51 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧