笑顔

ばら園でどの花を撮ろうかと迷っていたら、「写真撮ってもらえませんか」と声を掛けられた。初老のご夫婦。手渡されたカメラを構えると、花の前で寄り添い、顔を見合わせてから、こちらに笑顔を向けた。ファインダー越しに見たその二人の表情に胸を衝かれて、一瞬、涙が出そうになった。偶然出会った知らない人達なのに、あまりにも穏やかで幸せそうに見えたから。シャッターを押し、画像を確認しようと思ったが、液晶画面がない。「古いカメラですから。大丈夫、ちゃんと撮れてますよ。ありがとう」カメラを受け取り、二人は行ってしまった。たぶんあの写真が、5月20日のわたしのベストショットだ。
by konohana-bunko | 2012-05-24 16:30 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧