9月24日

c0073633_9414712.jpg
こしらえたもの かぼちゃの粉ふき芋みたいなサラダ えのきとわかめの味噌汁
読んだ本 『ポケット詩集』『ポケット詩集Ⅱ』
アンソロジーに好きな詩が入っているとうれしい。会田綱雄の「伝説」とか辻征夫の「春の問題」とか。
日曜日は海を見た。途中、夫の実家の猫、ちゅうたろうが出直した、と電話があった。メインクーンのオス、10歳。普段通り、お昼のカリカリをもりもり食べた直後倒れた由。休日だったが、かかりつけの獣医さんが見て下さった。心臓が、ということだったらしい。こころのやさしいいい猫だった。
おちゅう、ちょんぴ様が先に行っているのでわからないことがあったら何でも教えてもらいなさい。
by konohana-bunko | 2012-09-24 09:04 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧