10月2日

c0073633_2154812.jpg
こしらえたもの 烏賊と小芋の炊いたん
塩鮭の「かま」を焼いて鮭フレークを作った。昔なつかしい、情け容赦ない辛塩の鮭。鮭は辛いのが好きだ。ご飯を炊きたくなる。
亡くなった母が毎年お正月の支度に、鶴橋で上等な鮭を買っていたのを思い出した。

本、は、あまり読まなかった。
by konohana-bunko | 2012-10-02 21:54 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧