鳥と赤い実

c0073633_19493876.jpg
ハナミズキの実が赤く熟すと、いろんな鳥が来る。
ヒヨドリが一番多い。声が大きい。大食漢。ロウバイの木に移動して、蕾を食べもしないのに千切る。ワルい。
スズメ。ハナミズキよりロウバイの方が好き。しきりと何かを啄んでいるのだが、何を食べているのかわからない。猫が見ていると、猫を威嚇する。
今冬のジョウビタキはオス。あまり啼かない。ハナミズキの実を黙々と食べる。こちらは猫が見ていても平気。
天気がよくて、ヒヨドリがいない時、シジュウカラが五、六羽の群れで来た。シジュウカラはバラの木の虫(チュウレンジバチの芋虫)を食べた。
今年はじめて、ここでイソヒヨドリを見た。
今朝はツグミ。
by konohana-bunko | 2012-11-28 19:50 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧