マネキン

c0073633_991335.jpg
小学生の私が、放課後一人で通学路を歩いていたら、道の向こうから紺地に白の水玉模様のキュロットスカートを履いた下半身だけのマネキンがどんどんどんどん近付いて来て逃げられなくなるという夢にうなされて、夜中に目が覚める。意味がわからない!怖すぎたのと馬鹿馬鹿しすぎたのと両方で脱力の朝。
by konohana-bunko | 2012-10-30 09:09 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧