欣求

c0073633_9384282.jpg
橘曙覧の歌について頭の中で考えながら、この一途にことを願い求めるという意味の言葉があったよな仏教用語で、と思ったところで厠に行きたくなり、厠へ赴き、読みさしの中上健次『化粧』を開いたら、開いた頁に記されていた小説のタイトル「欣求」の二文字が目に飛び込んで来てちょっとぞくっとした。
by konohana-bunko | 2012-11-13 09:37 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧