読書の記録 神無月―霜月

c0073633_2327355.jpg
記録するのを忘れていた!いろいろ読んでいたのに!

神無月

『なぜ生きる』  高森顕徹監修 明橋大二 伊藤健太郎 1万年堂出版
『三浦半島記 街道をゆく 四十二』  司馬遼太郎 朝日新聞社
『オデオン通り』  アドリエンヌ・モニエ  岩崎力訳 河出書房新社
『人間 この未知なるもの』  アレキシス・カレル 渡部昇一訳 三笠書房
『マンガでわかる西式甲田療法』  甲田光雄・赤池rキョウコ マキノ出版
『自在力』  塩谷信男 サンマーク出版
『人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。』  岡本太郎 イースト・プレス
『光への道』  桑原啓善訳 でくのぼう出版
『草の庭』(歌集)  小池光 砂子屋書房
『雲の塔』(歌集) 日高堯子 角川書店

霜月

『雷の落ちない村』(絵本)  三橋節子 小学館
『夢の力』  中上健次 講談社文芸文庫
『化粧』  中上健次 講談社文芸文庫
『廃墟からの祈り』  高島裕 北冬舎
『乙女の教室』  美輪明宏 集英社
『古代霊は語る』  近藤千雄訳編 潮文社
他、絵本数冊

『雷の落ちない村』はよかった。
ブで絵本を買ってきては眺め、(これええナ、これ好きやから、置いとこ)などとやっている。いい大人が。最近の楽しみはもっぱらそれ。
by konohana-bunko | 2012-12-09 23:28 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧