オオセンチコガネ

虫の話。
この春、生まれて初めて出会った虫がいる。場所は奈良公園。東大寺二月堂へと登って行く途中、溝の中で仰向けになってじたばたしている体長約2㎝の甲虫を発見した。知らない虫なので手で掴むのはやめて(以前ゴミムシの仲間を素手で掴んでそれはそれはひどい目にあったことがある)棒で救出し、背中を上にして、驚いた。見事な光沢、がっちりとした体つき、全身瑠璃色の非常にうつくしい虫だったのだ。(写真参照。但、実物は写真の10倍はきれいだった。)
自宅に帰ってネットで調べると、どうやらこれが「鹿のフンを食べるフンコロガシ」らしい。こいつは春から縁起がいい、かも。
c0073633_15452184.jpg

by konohana-bunko | 2005-03-30 15:41 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧