運の強い男

バナナの皮を踏んで滑ってコケたことはないが、かつて通学路の溝蓋の上を歩いていて、蓋の途切れ目から溝に落ちたことのある息子1号。昨夜は自転車で画鋲を踏んでものの見事にタイヤをパンクさせて帰宅。それやこれやに関係があるのかどうかは不明ながら、この彼、わが家で一番くじ運の強い男である。
by konohana-bunko | 2013-04-08 20:59 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧