ヤマバトの巣

c0073633_18444159.jpg
先月、家の前のハナミズキにヤマバトが巣をかけた。つがいで仲良く出入りし、巣に籠もっているのも見たから、ひょっとしたら雛が見られるかも、と心待ちにしていたら、ある大雨の朝、ぴいぴいちいちいという鳴き声が聞こえてきた。(産まれた!産まれた!)しつこく覗いて育児放棄されてもと耳ばかりそばだてていたら、三日後くらいに雛が巣から出てきた。出た雛は
c0073633_18445984.jpg
ヒヨドリだった……!
ヤマバトが巣をかけていた隣の木で、ヒヨドリの子育てが同時進行だったらしい。どうりで声がデカいと思った。
ヤマバトの方はどうなったのか?と心にかかっていたのだが、今朝外に出てみたら木の下に巣が落ちていた。昨日前線が通過した時の雨風で落ちてしまったらしい。
c0073633_18452986.jpg
簡素な巣。
裏のヤマモモにも、何度も巣をかけたことがあるのだけれど、ヤマバトの雛がかえったのはまだ見たことがない。
by konohana-bunko | 2013-07-04 18:46 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧