『うたのてんらんかい』 くどうなおこ+長新太

c0073633_2025094.jpg
『うたのてんらんかい』  くどうなおこ・うた 長新太・え (1993/理論社)

表紙。こんな花柄のワンピースがあったら着たい。ニットのカーディガンでもいい。
c0073633_2032145.jpg
c0073633_2034774.jpg

この絵の右頁の詩は、こんなの。

でんぐりがえり

ちきゅうは
でんぐりがえりが すき
くるんと まわって
「や! おひさま」と
あいさつするのが すき
くるん や! くるん や!
くるん や! くるん や!

でんぐりがえりの うしろに
たくさんの きのうがうまれ
でんぐりがえりの むこうに
たくさんの あしたがならび

その まんなかに
きょうが ひかっている
Commented by chaiyachaiya at 2013-07-31 08:43
おはようございます!!
あとりさんから、私の、詩(の、よ〜なもの?)への、いいね、嬉しくて、朝から、はかはか(心踊り、落ち着きがなくなる様を示す、コアな?地方語)しています。*\(^o^)/*
Commented by konohana-bunko at 2013-08-01 13:38
chaiyachaiyaさま こんにちは!ほんとうに、心の底からのイイネ、です。どこかで、紹介させてもらいたいくらい。
「はかはか」いいことばですね。覚えました☆(^^)v
by konohana-bunko | 2013-07-30 20:05 | あんな本こんな本 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧