なら燈花会2013

c0073633_23572227.jpg
c0073633_2358632.jpg
c0073633_23583687.jpg
c0073633_23591630.jpg
今年ははじめて県庁の屋上にあがった。夕立が降ったあとだったので、板敷きの床もベンチも湿っていた。水蒸気がかかった夜気の底に、ライトアップされた五重塔の頭や東大寺の屋根が覗いていた。春日の森や高円山は暗闇の中になお暗い影になって昼間よりもっと大きく膨らんで見えた。西の方に奈良の街の明かりがちらちらと光っていた。奈良の夜景は、やっぱり静かだった。
by konohana-bunko | 2013-08-15 00:11 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧