『坊ちゃん』 夏目漱石 旺文社文庫

c0073633_2111257.jpg
ここしばらく見つけなかった旺文社文庫。旺文社文庫、対訳古典シリーズ(と言ったのだったか)が好きだった。二冊組みになった『枕冊子』の、一冊目の表紙は大きな壺に桜を生けた絵で、『近松世話物集』の表紙は、文楽の人形の横顔の絵だった。布施のヒバリヤ書店や小坂の栗林書房にたくさん並んでいて、よく立ち読みしたり買ったりしたのにと思う。その後度重なる引越で処分してしまったが、『枕冊子』だけはブックオフで再会できたので買い直した。
時とともに否応なくいろんなモノも場所も変わっていくんだな。出版社も本屋さんも本も、生まれては消え、またあたらしく生まれてくる。
by konohana-bunko | 2013-08-19 21:11 | あんな本こんな本 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧