windchime

c0073633_17571497.jpg
風の音で目が覚めた。薄曇、北風。昨日まで暑くて、どこかで法師蝉が鳴いていそうだったのに、今朝は山鳩が鳴いているだけ。秋はこんな風に来るのだったか。今現在の季節に目を見張るのに精一杯で、過ぎた季節のことはすぐ忘れてしまう。風がどっと吹き込んで、壁のwindchimeが小さく鳴った。
by konohana-bunko | 2013-09-26 17:53 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧