四十日で大根はできるのか

c0073633_16173846.jpg

南瓜撤収後、南向き壁際の畝に大根の種を播いた。
いただきものの「大阪四十日大根」の種。
播いた時には何とも思わなかったが
(大体何を作る時も、何の考えもなしに着手する)
あとになって浮かんだ疑問。
ほんまに四十日であの太い大根が出来るんやろか。

待つこと数日
大きな貝割れが出て来た。
貝割れ菜、すごくおいしい。
テーブルの上で、いちごパックに播いて作る貝割れも便利だが
地面で作るとことのほか立派で食べ応えがある。

調べてみたら
四十日大根は
大阪のお雑煮用に使うものらしい。
なるほど、あのサイズだったら間に合うかも。

まあ、大きなればなったでうれしいし。
大きいならんかっても間引き菜で食べられるし。
その点大根は気が楽。
のんびりやりやしょう。

あと、
貝割れ大根は、漬物用の大根の種で作るとピリッとして美味しいんだとか。
by konohana-bunko | 2014-09-03 16:18 | green days | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧