『白洲正子を読む』 求龍堂 より

『白洲正子を読む』
多田富雄 赤瀬川原平 河合隼雄 車谷長吉 前登志夫 渡辺保 田島隆夫 青柳恵介 山崎省三 安土孝 白洲正子 藤井邦彦著 求龍堂(1996) より、以下引用。

平成六年(一九九四)八十四歳
十一月、『風姿抄』を世界文化社より刊行。四十年前から最近までの随筆集である。
《古いものを読み返してみると、本質的には今書いていることとまったく同じなので驚いている。……人間に進歩はない。進歩するのは技術であって、生まれながらの素質を発見し、少しずつ深めることしか我々にはできない》(『風姿抄』あとがき)
by konohana-bunko | 2015-01-09 19:56 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧