外出二件目

7月17日(日)・18日(月)は日月20周年夏の会で東京へ。東京行きに初めて飛行機を利用する。(飛行機に乗るのが初めて、ではありません。)乗り物では、電車の次に飛行機が好き。伊丹から羽田まで1時間はあっという間。
羽田から電車で品川、新宿と乗り換えて、東中野の会場へ。山手線の電車の中にテレビがあることに驚く。(それも何でガリガリ君の広告ビデオやねん。)前に来た時も感じたのだが、東京の駅の乗り換え表示はとてもわかりやすい。矢印の通りに歩けばまず間違いがない。これはとても、ありがたい。
会場に入り、親しい方、久し振りの方、お世話になりっぱなしの方のお顔を拝見するとほっとした。何分普段は昔の人のように、自分が生まれ育った村と嫁いできて住んでいる村のみ往復するような生活をしているものだから、遠出は緊張するのだ。「会場はサミットの近くよ」と教えてもらっても、そもそも「サミット」が何か、わからんし。
午後は歌会、夕刻から懇親会。隊長力作、本邦初公開「ヒストリー・オブ・ジツゲツ」のフラッシュに笑わせていただく。よう、あんなん、作りはったなあ。(←ほめてます。)隊長、あれもこれも、本当にお疲れ様でした。
翌日は神楽坂、矢来能楽堂にて能鑑賞。暑かったがよい天気に恵まれ、一般の方もおおぜいいらして、盛会だったと思う。遠出をするのは大変だが、日頃お会いできない方とお話もでき、うたう元気をいただくことができた。
うちに帰ってから、中学時代の友人で現在東京在住のYちゃんと電話で話をした。「どこに泊まったん?」と聞かれて「新宿のナ、大久保病院のはす向かい」と言ったら呆れられた。そうかて安かってんもん。きれいなビジネスホテルやったでえ。
Commented by たんべえ at 2005-07-30 07:52 x
おつかれさまでした。ワタシはことしはもう無理だと思いますが、またお願いします。
Commented by konohana-bunko at 2005-07-30 09:54
たんべえさま、お疲れ様でした。またどこかで、お目にかかります。(^^)
by konohana-bunko | 2005-07-28 18:29 | 日乗 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧