アクアライフ

c0073633_11182998.jpg
部屋の整理をしたら、1980年から1992年までの「アクアライフ」と「フィッシュマガジン」のバックナンバーが出てきた。見たところそうはげしい傷みはなかったので早速Yahoo!のオークションに出品してみる。愛好家の方が、それぞれお好みの魚種の特集を選んで落札して下さる。感謝。(写真上・アクアライフNo.120/1987.7表紙。)
出品のために表紙を拭いたり、写真を撮ったりする折々に、ついぱらぱらと眺めてしまう。やっぱり魚はいいもんね。アロワナとか、ノーザンバラムンディーとか。ポリプテルスも飼ったなあ…としばし感慨にふける。
c0073633_11185964.jpg
ここ数年はヒーターいらずのオヤニラミやタイリクバラタナゴなど日本産淡水魚に嗜好が傾きはじめていた。傾き始めたのはいいがそこへもともとのフィッシュ・イーター(魚喰いの大型魚)好きのバイヤスがかかって、カムルチー(ライギョ)の幼魚を入れてしまった。水槽の中の魚が1匹、また1匹と姿を消すたびにでかくなってゆくカムルチー。かくして現在、75cm水槽に体長25cmのカムルチーが1尾だけ。贅沢なんだか何なんだか。もう4年越しである。
(写真中・カムルチーの「ハチ」。好物は庭のミミズ。)
カムルチーだけというのも殺風景だよね、と時折飼ってみるのがベタ。手軽に飼えて、色もきれいだ。オス同士を近づけると、鰭も鰓も目一杯広げて挑発しあう。同じ容器に入れてはいけない。入れると、どちらかが死ぬまで齧りあう。それは、まるでダンスを踊っているように見える。音を立てずに、ベタたちは踊る。生殖のための、命がけの闘いの踊り。
この夏はベタのメスを飼ってみた。
(写真下・ベタの「りえちゃん」。好物はクリルの端っこ、蚊。)
c0073633_11192539.jpg

Commented by たんべえ at 2005-08-19 14:02 x
私も昔、熱帯魚を飼ってました。ブラックテトラとかコリドラスとか、かわいい奴らが懐かしいです。仕事場で飼ってましたが、年末に大掃除して、年明けて仕事場に行ったら、とても静かな世界になっていて驚きました。電源を抜いて、入れ忘れたんですね。それ以来、飼っていないです。
Commented by konohana-bunko at 2005-08-19 21:19
たんべえさま、こんばんは。
職場に熱帯魚の水槽。なごみますね。自分の職場でも、プライベートな水槽を置いて仕事とまったく関係ない魚を飼っている人がぽつぽついます。(^^)
魚に関しては、どんなにかわいがっていたものが死んでも、また懲りずに次のを飼ってしまいます。感覚が鈍磨しているのかもしれません。
Commented by おやめいけ at 2005-08-27 23:15 x
実は、奈良公園で奇跡的に発見されたニッポンバラタナゴを検索してこのブログにヒットして恩師の本を注文いたしました。
実は、淡水魚が大好きです。みずほ酢の横の池に溢れる程いたメダカも
ブラックバスが密放流(犯罪!!)され激減してしまいました。大福で発見した生息地も翌年行ってみると三面水路で生き物が棲めません。
実家の蔵に「アクアライフ」「フィッシュマガジン」置いたままです。
淡水魚保護協会の「淡水魚」「淡水魚保護」もありました。
Commented by konohana-bunko at 2005-08-29 14:45
おやめいけさま、こんにちは。このたびはありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ございません。
奈良公園にニッポンバラタナゴがいたのですか!(驚)観光地ながら奈良公園の自然の濃さはやはりあなどれませんね。どうか荒らされませんように…。
富雄駅付近でメダカがいっぱいいる池を覗き込んでいたら近所の人に叱られたことがあります。それくらいの方がメダカのためにはいいのかもしれません。
by konohana-bunko | 2005-08-18 11:20 | 日乗 | Comments(4)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧