実のなる木

c0073633_21182944.jpg
写真上はアメリカフウの木。写真では見えづらいが、イガイガのような球形の実がぶらさがっている。実の大きさは直径4cm前後。この実は鳥の餌にはならない。硬くて、かたちが面白いので、リースやオーナメントの材料になる。
c0073633_21185629.jpg
写真中はハナミズキの木。クリスマスツリーの飾りのような、赤くてつやつやした実がなる。きれいだが、鳥が好んで食べるので年末頃まで残らないことが多い。長さ1.5cm前後で、どんぐりのような紡錘形。ジョウビタキが食べているところを見ていると、喉が詰まらないのかとはらはらする。
さて、では、写真下の木は何の木(何の木の実)でしょう?(ヒント:鳥はこの実は食べません。)
c0073633_21191521.jpg

Commented by つぼ at 2005-11-14 16:37 x
スイカのようにも見えますが。
Commented by moe at 2005-11-14 18:11 x
確かに干したスイカに見えますが・・・・。
じゃあカリン
Commented by konohana-bunko at 2005-11-16 21:14
残念ー
正解は「ハンカチノキ」の実です。
実も変わっていますが花はもっと変わっています。花の写真は……来年の5月までお待ち下さい。(^^;)
Commented by このはな at 2005-11-19 14:34 x
ハンカチノキは京都府立植物園にもあるので、幼稚園の遠足の折に父兄にクイズを出してみたりしましたが、秋にこのような実がなるのは知りませんでした。5月頃にこの花(正確には花を包んでいる部分)のことがよく新聞に載りますね。これらの木は、このはな文庫さんのお近くにあるんでしょうか?
Commented by konohana-bunko at 2005-11-19 21:21
葉が全部落ちたので観察してみたのですが、実のなっている木となっていない木がありました。年数によるのか、あるいはイチョウのように雄雌があるのか、調べがつきましたらまたご報告します。(^^)
写真の木々は母校のキャンパスのものです。
by konohana-bunko | 2005-11-13 21:19 | 日乗 | Comments(5)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧