2005年の読書(下半期)

c0073633_22184192.jpg
『ペルシャの幻術師』  司馬遼太郎
『百珠百華 葛原妙子の宇宙』  塚本邦雄
『胎児の世界 人類の生命記憶』  三木成夫
『ぶらんこ乗り』  いしいしんじ
『おもちゃ』  新藤兼人
『白き瓶 小説 長塚節』  藤沢周平
『死の世界・死後の世界』  ひろさちや
『捜神』  前川佐美雄
『こころの旅』  神谷美恵子
『「家族」という名の孤独』  斎藤学
『レポートの組み立て方』  木下是雄
『塚本邦雄の宇宙 詩魂玲瓏』  現代詩手帖特集版
『采女』  門脇禎二
『クレーン男』  ライナー・チムニク
『オトコとオンナの深い穴』  大田垣晴子
『パパラギ』  岡崎照男訳
『塩壺の匙』  車谷長吉
『QC 心のクワイエットコーナーを探そう』  ナンシー・オハラ
『三好達治詩集』  村野四郎編
『木強』  萩岡良博
『Lapita 11月号』
『創価学会』  島田裕巳
『自分に気付き、幸せをつかむ スピリチュアル・トレーニング』  池田辰雄・小林信也
『月刊SAVVY別冊 奈良へようこそ』
『添寝の悪夢、午睡の夢』  金井美恵子
『生命の暗号 Something great』  村上和雄
『カラー版 バナナとエビと私たち』  出雲公三
『くちたんばのんのんき』  田島征彦
『最後の物たちの国で』  ポール・オースター
『タイコたたきの夢』  ライナー・チムニク
『ラインダンス』  井上陽水
『夜と霧』  V.E.フランクル
『随筆 本が崩れる』  草森紳一
『自分の素晴らしさに気付いていますか』  マドモアゼル愛
『ずぶぬれて犬ころ』  住宅顕信
『短歌学入門』  辰巳正明
『それでも人生にイエスと言う』  V.E.フランクル
『当世・商売往来』  別役実
『生きて愛するために』  辻邦生
『経済ってそういうことだったのか会議』  佐藤雅彦 竹中平蔵

上半期で44冊、下半期で40冊。あー1年で100冊には届きませんでした。2006年はどんな本と出会えるのか、今から楽しみです。

写真は悠南書房店頭の手作り均一台。 
by konohana-bunko | 2005-12-31 22:18 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧