二月盡

c0073633_2127399.jpg
ここしばらく、出勤時の楽しみは梅の木チェックである。
バス停から職場の建物までの間に全部で7本梅の木がある。
バス停の近くの2本の梅は濃いピンクの梅だ。植え込みのずっと奥の方、松や椎に囲まれてあるのでまったく目立たない。手入れも一向にされていないので安物の竹箒のような枝ぶりである。どうしてここに梅があるのかよくわからない、捨て植えのような感じも受ける。それでも懸命に咲くから、毎年近くまで行って眺めてみる。
次は事務室の前庭の梅。ここは玄関先だからいつもきれいに手入れがされている。ごく薄い桃色と、緋梅、白梅の3本。白梅は職場の紋にも採用されているから、いわばシンボルツリーだ。かなり古くて、太い枝を力強く横へ伸ばしたところへ、細い小枝がつんつん突き出て、そこへ蕾がたくさん付く。日当たりもよく剪定も行き届いて、実に満足そうな木だ。ただ人通りが多いところなので、この木のそばにかじりついて写真を撮っているとやや恥ずかしい。また緋梅というのは、とても濃い紅色で、蕊も花片と同じ色、雄蕊の先がちょっと黒みがかっている。なかなか、妖艶な花だ。
そこから自分の部屋のある建物の方へ行って、階段を上がらずに中庭に出ると、ここにも2本梅の木がある。ひとつは幹が灰色で若い枝が緑色のもの(このblogの画面左上、看板の写真の梅)、もうひとつは幹が焦茶色で若い枝が赤い。萼も赤いのでてっきり紅梅かと思うのだが、どちらも白い花が咲く。この2本は実梅で、6月になると大きな実がたくさんなる。受粉しやすいように、わざと違う品種を近くに植えているのだろう。
この冬はとても寒かったので、梅の開花も遅い。まだかな、まだかなと梅の木を見上げる楽しみが、長く続いている。
by konohana-bunko | 2006-02-28 20:45 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧