弥生の雪

c0073633_111211.jpg
13日(月)、ついに職場の梅が咲き揃う。一番遅れて咲いたのは、中庭にある萼の紅い白梅の木。朝、写真を撮っていた時はよい天気だったが午後から曇り、小雪が舞う。風が冷たい。
14日(火)、引き続き寒い朝。6時半頃、空が暗くなって雪が降り始める。みるみるうちに積もり、あっという間にとける。「庭のすみれが、砂糖菓子のよう」…と書けばうつくしいが、花も寒の戻りにびっくりしているに違いない。
c0073633_1059260.jpg

by konohana-bunko | 2006-03-14 10:59 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧