空飛ぶ仲間たち 3

c0073633_7283419.jpg
朝、職場の渡り廊下の天井に、オオスカシバを見つける。じっと止まっているとはめずらしい図。夕方、ハチドリのように目まぐるしく飛びながら、花の蜜を吸うところをよく見る。
スカシバの仲間は、とても力強く飛ぶ。羽化した時にはちゃんと翅に鱗粉がついているのだが、飛び始めるとそれがすぐ落ちてしまうのだそうだ。それで、「透かし羽」。
Commented by brue-nile at 2006-07-29 11:19
始めまして、ナイルと申します。
「オオスカシバ」と言う、言葉に釣られてお邪魔しました。
天井にとまっているなんて、とっても珍しいですね…!

我が家に遊びに来る、「オオスカシバ」さんをTBします。
よろしかったらご覧下さい…!      
Commented by konohana-bunko at 2006-07-29 19:29
ナイルさま、TBありがとうございます。蜜を吸うオオスカシバの写真、見事です!ストローのような口もはっきり見えますね。これからも折々おじゃまします。
Commented by 紙魚 at 2006-07-29 19:41 x
オオスカシバ。今日見かけました。ホバーリングして蜜を吸う姿は南米のハチドリを思わせます。この例は鳥類と昆虫類ですが、まったく異なった種でありながら似たような形態や行動をもつ生物がいますね。沖縄で生物学をやっている息子によると、こういうのを平行進化というらしいです。
ソーシアルアニマルの蜂やシロアリとよく似ているのが哺乳類のハダカデバネズミ。そしてヒト。
by konohana-bunko | 2006-07-28 07:10 | 日乗 | Comments(3)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧