橘曙覧メモ(9)

c0073633_21345182.jpg
備忘録としていくつか。

○メモ(8)で書いた会話にはあと少しだけ続きがあったのだが、話の焦点がどんどん拡大してしまったので、ここにくわしく書くことはしない。とまれ(いろんな評論を読んでみよう)と思えたのは収穫だった。

○奥村晃作さんが『歌壇』に連載されていた「ただごと歌の系譜」が11月頃単行本化されるらしい。これは買う。

○昨日、水屋を片付けていたら、2003年の日月のシンポジウムで自分が発表した時のレジュメが出てきた!もう処分したものとあきらめていたので、驚くやらうれしいやら。
出てきたことはうれしいが、読み返すのは恥ずかしい。準備不足丸出しの拙いレジュメ。しかしこれもある意味貴重な資料なので、ヘンな汗をかきながら目を通す。開高健ではないが「ア、チ、チ…」な気分。
シンポジウムの進行を務めて下さった加藤英彦さんの質問メモも出てきた。これは結構、いいヒントがありそう。

○地元の図書館で白川静の『桂東雑記Ⅳ』を借りる。買おうかどうしようか悩んでいたのでうれしい。この本の「橘曙覧の短歌史上の位置について」という講演録を読む。目から魚鱗が。

こんな感じで8月が終わる。どっちに向いて行ったらええかようよう見えてきた感触。

写真、旧街道にある駄菓子屋さんの窓。
by konohana-bunko | 2006-08-31 21:34 | 空中底辺 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧