1970年の思い出

c0073633_22192258.jpg
カイロプラクティックの先生と、「万博の時何歳やった?」という雑談になった。万博というのは、1970年の大阪万博のことである。夫とわたしは1965年生まれだから、当時5歳。夫もわたしも、親に連れられて何度か見に行った。(無論、当時はお互いに知らない。許婚とかじゃないです。)
カイロの先生は、小学校6年生だったそうだ。
「あのな、外で遊んどったら、家の前の(国道)43号線のとこを、万博の象が歩いて来よったんや」と先生。
万博に参加するために、タイから象が何頭か来ていた。万博が終わったら、象はタイへ帰る。で、神戸から船に乗るために、万博会場から神戸まで歩いて移動していたのだという。
「わ、象や!いうて、あわてて家帰って、吹き矢取ってきて吹いたってん」
「吹き矢ですか?!」
吹き矢といっても、針がついているわけではない。夜店で売っているような、先端が吸盤になった、おもちゃの吹き矢。
「吹き矢当たっても、象、びくともせんかったわ。……ほんでな、象連れとった人に怒られてン」

もうひとつ、先生の小学生の頃の思い出。
「よう、写生大会やいうて、学校から阪神パーク行ったんや。」
写生の絵なんか適当にやっつけて、動物園で遊びたい。それもただ遊ぶのではつまらない。まず釣堀で釣りをして、鮒を手に入れる。(当時、阪神パークの中には釣堀もあった由。何という総合娯楽施設!)で、その鮒を持って、アザラシの池に行く。飼育池に、鮒を放り込む。するとアザラシが、鮒を追い掛けてえらい勢いで泳ぎだす。鮒とアザラシの水中戦である。そらァおもろいで。
「アザラシいうのはすごいナ。うわー壁にぶつかるーと思たら、直角に曲がりよるもんな」
で、動物園の係員の人に見つかって、やっぱり怒られたそうな。
Commented by かねちょも at 2006-09-18 10:06 x
ああっ! ここでやるかもしれないそうなんですよー、古本市。うわあ、びっくりした。
ところで、わたしは1歳でした。当時、高槻に住んでいまして、オープン前日の招待日だかに行ったそうですが、まったく覚えていません。太陽の塔はいまだに恐いです。
Commented by konohana-bunko at 2006-09-18 10:16
えええっ!わたしもここ、古本似合うよなーと思ってました!わたしも本持って行ってもいいですか?(゚∀゚)雨さえ降らなければ、自転車で行けます。
かねちょもさん、高槻でしたか。わたしは豊中でした。太陽の塔って、赤ちゃんに見せたら夜泣きしそうですよね。
Commented by かねちょも at 2006-09-19 17:12 x
たしかに古本似合いそうですよねえ。本に水は天敵なはずなのに(笑) 主催者ちゃんに詳細訊いておきまーす。ちゃんと話すすんでいるんでしょうか(笑)
Commented by donguri at 2007-01-29 17:50 x
はじめまして。万博のとき小学校の5年生だった者です。例の象のことを
検索していて、ここにぶつかりました。
大阪から神戸に象の一行が移動したとき、途中の武庫川で一泊したんですよ! フツーの日本の川の河川敷で20頭(?)位の象の群れが草を食んでいる姿に大興奮しました。良い思い出です。
Commented by konohana-bunko at 2007-01-30 08:37
donguriさま、ようこそ!思い出のお話、分けて下さってありがとうございます。タイの象たち、日本の雑草を食べて帰ったんですねえ。
by konohana-bunko | 2006-09-16 22:19 | 日乗 | Comments(5)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧