悠南書房

c0073633_20365930.jpg
悠南書房に新しい看板が出来ていた。
司馬遼太郎の文庫、『ある運命について』『東と西[対談集]』2冊を買う。『東と西』には開高健との対談が収められている。この組み合わせは珍しい?テーマはモンゴル。どうも、他の対談相手に比べて、大言壮語、声は大きそうなのだが、やや語り劣りがするような気がするのはなぜだろう。日付を見ると、亡くなる1年前(1988年1月1日)だから、かなりしんどかったのかもしれない。



この間、夫が出張で神田へ行った。
わたしは神田はまだ行ったことがない。
帰って来た夫に、どんなとこやった?と尋ねたら、
「布施みたいなとこやった」と、ごっつい具体的な答えが。
そうなのか……!
by konohana-bunko | 2006-09-22 20:36 | 古本屋さん見聞記 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧